【本当は怖い】ハロウィンの話

本当は怖いハロウィンの話

10月31日、今や大人にとっても楽しいイベントになっている子供たちがコスチュームをして「Trick or Treat」と言ってお菓子をもらいに行く楽しい行事、それがHalloweenですね。実は本当のハロウィンは「怖い話」なんです。

 

英会話カフェjencafeのバイリンガルJennyです。

 

皆さん、そもそもハロウィンの由来はご存知でしょうか?

ちょっと怖い話とは想像できるけど、どんな話かは知らない人が多いようです。

 

さらっとまとめると、

ハロウィンは、宗教的なお話でいうと、キリスト教の聖人に祈りをささげる祝日「万聖節の(ばんせいせつ)All Saints’Day」の前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。季節的に秋の収穫を祝い、先祖の霊を迎え、悪霊を追い払う日です。日本のお盆のようなものですね。

 

さて、ハロウィンは、古代ケルト民族のドゥルイドDruid教で行われていたサウィン祭が起源と言われています。

 

古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに来ると信じられていました。しかし、悪霊も降りてきて、作物を荒らしたり、子供をさらったり、悪いことをすると言われていました。

 

それで悪魔の目の欺くために仮面をかぶり、魔除けの焚火を行ったと言われています。それが今の仮装Costumeにつながっているわけです。

 

恐ろしいハロウィンのカボチャ

カボチャハロウィン

ハロウィンといえば、あのオレンジ色したカボチャですね。

Carving Jack-o-lantern(ジャック・オ・ランタン彫り)はしたことありますか?子供のころ、よく彫ったものですが。

ちなみにアメリカのパンプキンは日本のと違い中身が比較的やわらかいので彫れるのですよ。くれぐれも日本のカボチャで挑戦しようと思わないでください(笑)怪我します。

また、昔はカブをくりぬいていたそうです。ヨーロッパからアメリカにハロウィンが輸入されたときは、当時のアメリカにはカブがあまりなかったようです。そこで生産がおおかったカボチャになったということです。

あのカボチャの名前はJack-o-lanternジャック・オ・ランタンです。

ここからいよいよ怖い話です。

昔、Jackという名のずる賢く乱暴でうそつきのケチな男がいました。(相当なワルですね)

Jackはねっからの酒好きで、ある日飲み屋で泥酔するまで飲んでしました。そこに地獄から来た悪魔が現れます。

Jackは悪魔に魂をとられそうになりますが、「魂をあげるから最後に酒を飲ませてくれ」と懇願しました。悪魔はその願いを聞き入れコインに化けて酒代を払おうとするものの、Jackは十字架でコインを抑えつけ、自分の財布に悪魔をとじ込めてしまうのです。「10年間魂を取らない」と約束することで、悪魔を財布から出したのです。

10年後、その悪魔がJackの元に再び現れました。また魂を取られそうになったので、「最後にあのリンゴが食べたい」と懇願します。悪魔がリンゴを取りに木に登ったところでJackはナイフで木の幹に十字架を刻んだのです。十字架のせいで悪魔は木から降りることができず、悪魔はJackの願い「絶対に地獄に連れて行かない」という約束をするのです。

そもそもJackは人間なので寿命が来て、この世を去ります。しかし悪行ばかりだったJackは天国に行けず、地獄へ行くことになります。そこであの悪魔が表れてこう言いました。「お前の魂は取らないと約束したから、お前を地獄には連れて行けない」と。

どこにも行けないJackは困り果てた結果、悪魔にどうしたらいいのかたずねます。(何度頼めば気が済むのでしょうか??)

悪魔がJackに元に戻るように言いますが、生き返れるはずもなく現世にも戻れません。来た道を引き返そうとしますが、道は暗く冷たい。悪魔に灯りをくれと懇願し、悪魔は地獄の小さな炎の塊を分けてくれます。

この灯りが消えてはいけないと思ったJackは、道端に転がっていたカブをくりぬき、その中に火を灯し、ランタンの代わりにしました。

これがジャック・オ・ランタンの由来とされています。

今も天国と地獄の間を彷徨い続けるのです。この悪魔から与えてもらった火は、“地獄の炎”として燃え続けているのだとか。。。

地獄のリンゴゲーム

怖いハロウィンリンゴの話

もう一つ怖い話を紹介いたします。

 

Apple bobbing という言葉を聞いたことがありますか?「リンゴくわえ」ゲームのことですね。

 

アメリカでは本当にpopularなハロウィンのイベントなのですが、日本ではあまりなじみがないそうです。おそらく日本のリンゴはくわえるには大きすぎるので流行らなかったのかもしれません。

 

水に浮かべたリンゴを手を使わず口だけでとるゲームなのです。子供英会話教室をやっていたときは、不衛生という理由で断念しました。

 

さあ、このリンゴゲームには怖い話があるのです。

昔、ハロウィンの夜、ある宗教団体が囚われた生贄に対し、グツグツ沸騰した鍋にリンゴを浮かべて「一回で、歯でくわえ取り出せたら自由にしてやる」と言った。

 

断ればその場で殺されてしまうため、全員が挑戦しその結果、みんな大やけどを負い、焼けただれた顔になった……という恐怖の出来事があったそうです。

 

アメリカでは年間ランキングベスト3には入るほど人気行事で、莫大なお金が動く日です。

 

What are you going to be?(何になる?)

と毎年コスチュームで悩みます。しかも去年したものになる人はほぼいないので(プライドでしょうか?)相当本格的な仮装でお金をふんだんに使っているのです。

 

もはや完全に楽しい行事と化しています。

ここ湘南でもキッズたちがかわいい仮装をして(ぞっとする仮装をしているキッズは見れませんでしたが)お菓子をゲットするために限られてはいるけど、かなり多くなったお菓子を配布しているお店たちに

Trick or Treat!

と言ってはお菓子をもらってHappyになっていました。とても微笑ましい光景でした。

 

一方、毎年賛否両論の渋谷の交差点とかはどうだったのでしょうか?

仮面をかぶっていると、いつもより大胆になるようです。その分「顔が見えていない」ことを武器に、悪質な犯罪も起きていることを認識しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です